開発ブログ

ビックリマン風シールの制作費を徹底検証!!

ビックリマン風
Pocket

みなさん、ビックリマンシールはご存知でしょうか?
あの独特のキャラクターイラストとホログラム素材のキラキラシール。
大体の方は一度は見たり聞いたりしたことがあるかと思います。

シール製作よくある質問

キャラクター制作とあわせて、シール製作の依頼や相談を頂くことがあります。
そこで、よくいただく相談や質問をまとめました。

Q.似顔絵の制作費用ってどれくらい?

まず、シールにする前にイラストを制作する必要があります。
イラストレーターさんに似顔絵を発注した場合の料金相場はこちらです。

一般的な相場

5000円~20000円です。

これが似顔絵キャラクター制作料金の相場です。
フリーで活動している似顔絵屋さんやランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングなら、だいたいこの金額に収まっているかと思います。
ただし、有名な絵描きさんに頼めばもっともっと高いです。

最安値で選ぶなら

逆に、全くこだわりがなければ、ココナラというサイトがオススメです。
中には500円でやってくれる人もいます。
(正直安すぎて、手数料を引いたら何も残らないのではと心配です。)

ココナラの相場は500~5000円ですね。
ココナラだけに限らない話ですが、値段が高いからと言ってクオリティが良いというわけではないので、発注される際は事前によく調べることをおすすめします。
また、登録者は素人からアマチュア・プロまで様々です。全員がプロではありませんので、過度な期待をせず「良いものが上がってきたらラッキー」くらいに思っておくと気が楽です。

(追記)
あとで調べた所、悪意あるユーザーがいるという噂をいくつか確認しました。
ほとんどの場合では問題は起きないかと思いますが、念のため詐欺にあわないよう注意してください。

・参考リンク:ココナラで騙されました。(たぶん)

プロに発注という方法

絵柄やポーズなどに細かい希望がある方や、印刷やグッズ化などの商品展開をお考えの方は、やはりプロに頼むことをおすすめします。
絵柄を寄せるためのスキルが必要であったり、グッズ化希望の場合は入稿用にIllustratorでの作画が必要になってきます。

・入稿用データとは?

簡単にいえば、印刷所に送るためのデータのことです。
これがないと、印刷やグッズ化はできません。

入稿用データを作成してもらえない場合は、この作業を自分でやることになります。
この作業は専用のソフト(IllustratorやPhotoshopなど)を持っていない方には難しいかと思います。
もちろん自身でソフトを扱える人なら、イラストのみ依頼しても問題はありません。

・参考リンク:Illustrator作画はメリットだらけ!

Q.シールにする場合の印刷費用はいくら?

これは、印刷会社さんの価格設定や、台紙のサイズや紙の質、何部印刷するか、等など
諸々の条件によって大きく変動するので一概には言えません。
いくつか例を挙げてみます。

グラフィック様


正方形50mm、ホログラム使用、PP加工した場合
100枚印刷で9300円、1000枚印刷で63300円です。
http://www.graphic.jp/lineup/ondemand/premium.php

迷った時はグラフィック様ですね。
印刷クオリティが平均的に高いうえ
24時間365日入稿を受け付けているので、納品までの日数もとても早いですよ。

カプセルボックス様


正方形50mm、ホログラム使用、PP加工した場合
100枚印刷で33480円、1000枚印刷で91800円です。
http://kirakira.cbox.nu/

カプセルボックス様は少しお値段が張ります。
その分、裏面印刷や黄色のセパレーター(剥離紙=シールの台紙になっている部分)が使用可能となっています。
ビックリマンシールの再現度はかなり高いですね。

シールドットネット様


正方形48mm、ホログラム仕様、PP加工した場合
10枚印刷で1900円、100枚印刷で5940円です。1000枚単位での注文は受け付けていないようです。
http://www.i-seal.net/product/1716?

小ロットの注文なら断然シールドットネット様がおすすめです。
なんと「10枚」からの注文が可能!!値段も最安ですね。
ホログラムの柄も複数の種類から選べます。

大体の費用総額

1枚あたり250円くらいで制作できます。
ちょっと高めに見積もっているので、頑張ればもっと安く出来るかも。

内訳を説明すると、100枚制作するとして
似顔絵制作15000円+印刷費が6000円~10000円
合計して21000円~25000円。1枚あたりで250円ですね。

単価に直すと「高い!!」と感じられる方も多いでしょう。
一般的にシールは100円程度で買えるものですからね。

しかし、あくまで100円という価格は大量生産された場合。
発注者のために「特注」で作るのとは訳が違いますから、費用がかかってしまうのは致し方無いところです。
もちろん、大量に印刷することで一枚あたりの単価を抑えることは可能です。

Q.訴求効果が高いのはどの年齢?

-shared-img-thumb-OY151013549718_TP_V
かつて、1985年に「悪魔VS天使シール」「スーパービックリマン」が発売され
子供たちの間で大ブームになりました。

その子供たちが、現在「30代前半~40代前半」。
いわゆる「ビックリマン世代」です。

この世代であれば、懐かさから興味を示してくれる可能性は高いですね。
バリバリの働き盛りで、社会的にも影響力の大きい世代ですから費用対効果も悪くないのではないでしょうか?

まとめ

今回はビックリマン風シールの制作についてまとめました。
キャラクターや似顔絵を制作をお考えで、あわせてシールも注文したいという方や
既存のキャラクターをデフォルメしてシールにしたい方など、制作についてのご相談は随時受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

以上、「ビックリマン風シールの制作費を徹底検証!!」でした。

ビックリマン風似顔絵イラストの制作

LIBREではビックリマン風の似顔絵イラストを制作しています。

  • 費用は6,000円からの低価格!

  • スピーディーな取引!納品まで最短1日で完了!

  • ご希望の方にはシール印刷やグッズ制作も代行!


  • お見積りは無料で行っております。
    まずはお気軽にお問い合わせください!!

    ビックリマン風イラスト制作を見る

    コメント

    コメントは停止中です。

    メニュー